カシまっぷ

ステモの公式SNSで紹介している"柏周辺のお出かけスポット"を、まとめてご覧ください♪

こうのとりの里

※サムネイルをクリックしていただくと、大きい画像をご覧いただけます。

※サムネイルをタップすると、大きい画像をご覧いただけます。

2019年6月26日(水)UP

今回ご紹介するのは「こうのとりの里」です。

広々とした空、カエルが跳ね、トンボが飛び、どこか懐かしい稲の香りがする野田市江川地区の水田型市民農園に隣接して、コウノトリの飼育施設「こうのとりの里」があります。

ナチュラルな明るい飼育観察棟に入ると…いました!国の特別天然記念物コウノトリです!今年4月6日に生まれたレイちゃんとカズくん、そしてお父さんコウくんの3羽。大きくて、ほれぼれするほど美しい…!別ケージも含め、現在6羽が飼育されています。

レイちゃん、カズくんは生後3ヵ月足らずですが、もうほとんど成鳥と同じくらいの大きさに。とはいえ、やはり幼さが残る彼らは好奇心の塊。早速人間がいるガラス面に近づいて『ヒトの観察』を始めました。餌の活ドジョウを食べれば、くちばしの隙間から逃がしてしまい、お腹がいっぱいになれば、ウトウトと片足立ちになってお昼寝です。そんな仕草の一つ一つがとてもかわいくて、毎日会いにいらっしゃるお客様もいらっしゃるとのこと。

(株)野田自然共生ファームの木全常務と主任飼育員の森本さんによると、1日2回500gほどの餌を食べるとのことで、アジ、スメルト(シシャモの仲間)、活ドジョウを与えているそうです。名前を呼んでも寄っては来ないそうですが、そろそろご飯の時間かなぁ?という頃には飼育員さんの近くをうろうろすることも!お話を聞けば聞くほど、コウノトリ愛いっぱいの様子がうかがわれました。

そんなレイちゃん、カズくんももうすぐ巣立ち。7月3日(水)にはケージの天井ネットを開けて放鳥されます。自然再生のシンボルとして飼育されているコウノトリ、元気に大空を舞う姿を想像しただけでも感動的ですね♪

ステモのある柏駅から車で約30分、どうぞ一度会いに行かれてはいかがでしょう。展示も充実しているので、お子さまの自由研究にもおススメです。

「こうのとりの里」について、詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.city.noda.chiba.jp/shisetsu/etc/1001113.html

info

こうのとりの里
所在地
千葉県野田市三ツ堀369番地
HP
http://www.city.noda.chiba.jp/
shisetsu/etc/1001113.html

pagetop

Back Number

当サイトの表示価格は、消費税(8%)を含む総額で表示しております。詳しくは各店舗までお問い合わせください。